おいしい数学ホームへのリンク

横浜市立大医学部

過去問のデータと特徴

特徴:典型問題と真新しいが数学的背景を持つマニアックな問題を半々ぐらいで出してきます.データの分析、確率統計(を背景とした問題)も比較的出題が目立ちます.近年はレベルが穏やか.

頻出分野:高次方程式の関連問題,場合の数・確率,数列,微積分

試験時間:120分

形式:記述式




過去問

横浜市立大学サイト過去の入試問題ページで,今年の全学部の過去問と評価のポイント,受験生へのメッセージなどを見ることができます(解答はなし).




過去問の解答とコメント

2019年

特筆すべきテーマ:逆数型の漸化式1次式スライド型の漸化式の複合問題.15°シリーズの三角比2変数の不等式(今回の問題は3変数).場合の数漸化式.

コメント:Ⅱが一番難しく,Ⅰ,Ⅲ,Ⅳが解きやすいです.Ⅲはチャート式等にそのままありそうな問題ですし,Ⅳも典型的な積分計算です.

2019横浜市立大医学部【数学】


2017年

特筆すべきテーマ:四面体の外接球の半径.三角関数の数列の和.$n$ 次関数 $\times$ 指数関数の極限.幾何分布の期待値.

2017横浜市立大医学部【数学】


2016年

特筆すべきテーマ:偏差値.1次式ずらす隣接3項間漸化式(隣接3項間漸化式).結婚問題.$\tan x$ の逆関数の微分

2016横浜市立大医学部【数学】


2015年

特筆すべきテーマ:確率漸化式(2次式)×(等比)の和.ガルダノの公式

2015横浜市立大医学部【数学】


2014年

特筆すべきテーマ:イェンセンの不等式

2014横浜市立大医学部【数学】


2013年

特筆すべきテーマ:ライプニッツの公式

2013横浜市立大医学部【数学】


2012年

特筆すべきテーマ:マクローリン展開.黄金三角形

2012横浜市立大医学部【数学】


2011年

特筆すべきテーマ:転置行列,行列の漸化式

2011横浜市立大医学部【数学】


過去問解答と研究に戻る