おいしい数学ホームへのリンク

慶應義塾大理工学部

過去問のデータと特徴

特徴:慶應にM&Aされることを前提にして設立された藤原工業大学の後身.早稲田理工と比較されると思いますが,早稲田理工とレベルは同程度でも,分量が最近は慶應理工の方が多いように感じます.しかし答えのみの問題が多いので,うまく誘導の意図を汲み取り,迅速に計算することが必要だと思います.

頻出分野:確率,数列,微積分

試験時間:120分

形式:答えのみ&記述式




過去問の解答とコメント

2019年

特筆すべきテーマ:特になし

コメント:典型問題または典型問題より気持ち少し難しい程の,慶應理工としては穏やかな出題だったと思います.特に思い当たるコメントがないです.最後の回転体はパップスギュルダンの定理を使う準備もしましたが,特に必要ありませんでした.

2019慶應義塾大理工【数学】


2018年

特筆すべきテーマ:相反方程式.$1$ の $3$ 乗根.ウォリス積分極方程式の面積(扇形積分)

2018慶應義塾大理工【数学】


2017年

特筆すべきテーマ:逆関数の2回微分,積分の不等式による評価と区分求積,最大値の確率,3次関数のブロック分割(4等分割)1/12公式(3次関数)

2017慶應義塾大理工【数学】


過去問解答と研究に戻る