おいしい数学ホームへのリンク

順天堂大医学部

過去問のデータと特徴

特徴:試験時間70分に対してふさわしいボリュームとレベルとはとても言いがたく(特に2019,2016,2015年),医学部の中でも高得点を取るのが困難です.捨て問を見破った上でしっかり捨て,典型問題を素早く正確に解き,できれば今までの数学の知識で計算せずとも答えが出せる問題があれば勝機が見えてきます.大問3でははっきりと定義,定理を問う問題が長年続き,最近でも数学の背景知識をもつ問題の出題が目立ちます.微積では微小区間の問題,図形は三平方の定理を連発する空間図形,そして正五角形が大好きなようです.

頻出分野:平面図形,空間図形の問題,微積分

試験時間:70分

形式:マーク式&記述式



過去問の解答とコメント

2019年

特筆すべきテーマ:リサージュ曲線の面積.逆数型の漸化式.合成関数.互除法の原理の証明.1次不定方程式の特殊解の存在証明.

コメント:異常にボリュームが多いです.見た瞬間に答えを埋める等のことをしないと周りを出し抜けないと思います.大問3で整数のユークリッドの互除法関連の証明問題が出題されたのが最大の特徴でした.

2019順天堂大【数学】


2017年

特筆すべきテーマ:定数ずらす隣接3項間漸化式斜軸回転.イェンセンの不等式

2017順天堂大【数学】


2016年

特筆すべきテーマ:立体の色分け.微小区間の問題.正五角形と18°シリーズの三角比.三角不等式

2016順天堂大【数学】


2015年

特筆すべきテーマ:線分の通過領域.15°シリーズの三角比.3次関数の性質

2015順天堂大【数学】


2014年

特筆すべきテーマ:近似式.内心の定義

2014順天堂大【数学】


2013年

特筆すべきテーマ:連分数.正五角形と18°シリーズの三角比.微小区間の問題,

2013順天堂大【数学】


過去問解答と研究に戻る