おいしい数学HOMEへのリンク

獨協医科大医学部

過去問のデータと特徴

特徴:栃木県のおもちゃのまち駅から徒歩15分.楽しそうな場所にありますが,数学の問題は特にそういうことはなく,他の多くの私立医学部同様,制限時間に見合わない膨大な問題量を出すスピード系のタイプです.そういう意味では杏林や順天堂大とも似てますが,本学は割と典型的なのが救いです.

範囲:数学ⅠAⅡBⅢ

頻出分野:場合の数・確率,数列,ベクトル,微積分

試験時間:2021年は60分(今までは70分)

形式:マーク式




過去問の解答とコメント

2020年

特筆すべきテーマ:領域における最大最小(線形計画法)円順列の確率.外心の位置ベクトル.

コメント:高度な思考力を要する問題は円順列の最後の問題くらいですが,ほとんどの問題が制限時間に対して膨大な手数や計算量を要する問題が続きます.今年は特に大変です.各大問の最後の問題は捨てて,見直しに徹したほうがいいと思います.

2020獨協医科大【数学】


2019年

特筆すべきテーマ:確率漸化式.空間内の2直線の距離の最小.微分可能の性質.2曲線が接する条件バウムクーヘン積分曲線の長さ

コメント:レベルは典型的で高くないですが,問題数,計算量がとにかく多いです.第1問,第3問は比較的量が少なく,完答しやすいかと思いました.

2019獨協医科大【数学】


2018年

特筆すべきテーマ:2次不定方程式.数列の最大・最小.交点の位置ベクトル.

2018獨協医科大【数学】


過去問解答と研究に戻る