おいしい数学HOMEへのリンク

北里大薬学部

過去問のデータと特徴

特徴:難易度は標準的ですが,全体的に時間が足りないです.マーク式ですが,下の選択肢から選ぶタイプで,最後まで解かずに選択肢を見て推測するという力も問われます.

範囲:数学ⅠAⅡB

頻出分野:場合の数・確率,ベクトル,微積分

試験時間:70分

形式:マーク式(選択肢を選ぶ形式)




過去問の問題

北里大学サイト入試の過去問題ページに,全学部の直近10年程度の問題と解答が掲載されています.解説はなし.




過去問の解答とコメント

2019年

特筆すべきテーマ:剰余の定理.多項式の割り算の余り.1/12公式(3次関数)三角形の面積

コメント:難化しました.解きやすいのはⅡくらいで,全体的にすんなりと解ける問題は少なく,それなりに思考と計算を必要とします.

2019北里大薬学部【数学】


2018年

特筆すべきテーマ:連立漸化式1/12公式(3次関数)

コメント:多少穏かになりました.計算力は必要ですが,ほぼ典型的な内容です.

2018北里大薬学部【数学】


2017年

特筆すべきテーマ:領域における最大最小(応用編)格子点黄金三角形3次関数のブロック分割(4等分割)1/12公式(3次関数)

コメント:第2問が対数方程式の解の個数,領域における最大最小,格子点と1つの大問で様々なジャンルが入っているので,良問だと思います.第3問は黄金三角形の内容の経験がある人が有利.第4問,第5問も典型的ですが良問だと思います.

2017北里大薬学部【数学】


過去問解答と研究に戻る