おいしい数学HOMEへのリンク

慶應義塾大薬学部

過去問のデータと特徴

特徴:管理人が受験生のとき,慶應義塾大学が共立薬科大学を吸収するというニュースが出て,2008年から開始した学部.当時推薦で共立薬科大学に内定をもらっていた知人は歓喜していました.数学の問題としては理科大が数学IIIまで必要になったのに対し,こちらは依然としてIIBまでです.私大薬学部最高峰にしては問題のレベルは穏やかだが,80分という制限時間に対して多い分量をうまく処理しないと,合格は厳しそうです.

頻出分野:場合の数・確率,数列,微積分

試験時間:80分

形式:マーク式




過去問の解答とコメント

2019年

特筆すべきテーマ:ベクトルの点の存在範囲と三角形の面積.

コメント:授業でも採用したいいい問題が多かったように思います.時間は相変わらず若干厳しいのでスピード勝負です.

2019慶應義塾大薬【数学】


2017年

特筆すべきテーマ:座標平面上の八角形の個数

2017慶應義塾大薬【数学】


2016年

特筆すべきテーマ:ピタゴラス数.3次関数のブロック分割(4等分割).巴戦.

2016慶應義塾大薬【数学】


過去問解答と研究に戻る