おいしい数学ホームへのリンク

数学を勉強する上でのおすすめのノート(文房具)活用法


アイキャッチ

ここでは,管理人がおすすめする,数学を勉強する上でのおすすめのノート(文房具のことでこのサイトのページ名ではないです)活用法をお教えします.

そもそもルーズリーフかノートかという選択があるのですが,ここではノートを使う場合の話をします.







① 罫線付きではなく無地のノートを使う

ノート

言ってしまえば自由帳なのですが,例えばコクヨからシックなものが発売されています.

コクヨ_大人Campus

当サイトが無地のノートをお勧めする理由は以下の2点です.

・分数を書くときに楽

・大学入試本番は,計算欄や解答用紙に罫線がないケースがほとんど

分数を書くときに,1行に分数を納める場合と,リッチに2行使う場合のどちらかかと思いますが,どちらにせよ,罫線が邪魔です.分子や分母にまた分数が来たらさらにややこしくなります.

また,罫線がないと図が綺麗に書けなかったり,字がまっすぐ書けないという人がいますが,それでは困ります.大学入試本番に,解答用紙には罫線は(基本的に)ありません.罫線があれば誰でも綺麗な図やまっすぐな文字が書けるのは当たり前で,自転車に補助輪をつけないと走れないと言っているようなものです.

日頃から無地のノートを利用することで練習してみては如何でしょうか.




② ノートを半分に折って使う

ノートを半分

数学の答案を書く上で,上の図のように,式変形を右に書くか,下に書くか,迷う時がありますが,下に式変形をすると,論理の流れが見えやすので,一貫して下に書くように決めるといいでしょう.答案も見やすいです.それを強制的に矯正してくれるのがこの方法です.ちなみに余白部分も有効活用できるので,無駄なく使えます.数学の成績に伸び悩んでいる人は,是非この方法を試してみてください.

数学の答案は折ることはできませんので,管理人の場合,真ん中に線を引くようにし,スペースを有効活用し,かつ答案を見やすくしています.




③ 表紙裏に忘れやすい公式等をメモし,有効活用する

表紙裏

表紙裏とは,図のようにまさに表紙の裏のことで,ここを何も活用していない人がいるのですが,せっかく毎回見ることになるであろうページなので,何か書くべきです.毎回見るということで,何回も忘れがちな公式等を書くと,頻繁に目につくので嫌でも覚えるのではないでしょうか(ちなみに記憶にいいと言われるで書くのはどうでしょうか.)

他にも,このノートはどこからどこまでの内容なのかを,使い終わった後に記すのも良いかもしれませんね.

以上,ノートの活用法でした!


ノートに戻る