おいしい数学ホームへのリンク

昭和大(薬,歯)学部

過去問のデータと特徴

特徴:ほとんどすべてが典型問題で構成されます.大きな捻りもなく,予備校の1周目の教材に扱われているような問題ばかりで,本学の問題で解けない問題がある場合基礎力不足です.もっとも,最後の問題は年によってそれなりに難しい場合もあります.

範囲:数学ⅠAⅡB

頻出分野:微積分

試験時間:英語と合わせて120分

形式:答えのみ




過去問

昭和大学サイト入試の過去問題ページに直近3年の問題は掲載されています.




過去問の解答とコメント

2019年Ⅰ期

特筆すべきテーマ:√A²の外し方群数列

コメント:典型問題ばかりで,特にコメントがありません.最後も解きやすいでしょう.

2019昭和大I期【数学】


2018年Ⅰ期

特筆すべきテーマ:2次方程式の解の配置問題.指数,対数の大小比較.

コメント:ほぼ典型的ですが,ラストの大小比較の問題がなかなか難しいです.

2018昭和大薬学部I期【数学】


2017年Ⅰ期

特筆すべきテーマ:工夫する展開の問題.$ab=gl$.オイラーの多面体定理(知らなくても解けます).2つの2次関数の共通接線の面積.円のベクトル方程式.

コメント:ほぼすべて典型的で,当サイトでも扱いたい良問が多くありました.第5問のラストは,今回の難易度的には捨て問でしょうが,三角関数と2次方程式の解の個数問題として良問です.

2017昭和大薬学部I期【数学】


過去問解答と研究に戻る