おいしい数学ホームへのリンク

近畿大医学部

過去問のデータと特徴

特徴:近年あの手この手で工夫を凝らし,大学志望者ランキングで上位に浮上してきた大阪府にあるマンモス大学です.医学部の入試としては,数学Ⅲが範囲外であることが特徴です.帝京の医学部より多角形や多面体に関する場合の数の出題が目立ち,要注意です.

前期と後期に大きなレベルの違いはありません.

頻出分野:多角形や多面体に関する場合の数.微積分.

試験時間:60分

形式:答えのみ&記述式




過去問の解答とコメント

2018年前期

特筆すべきテーマ:正多面体の体積.

2018近畿大(医)前期【数学】


2018年後期

特筆すべきテーマ:対称性を使って早く出すベクトルの問題.図形漸化式.1/12公式(3次関数)

コメント:今回も近畿らしく,場合の数の問題が出ました.大問2,3は典型的なので,場合の数が勝負だと思います.

2018近畿大(医)後期【数学】


2017年前期

特筆すべきテーマ:立方体の色分け

2017近畿大(医)【数学】


2016年前期

特筆すべきテーマ:正多面体の種類,色分け.(2次関数の) $\dfrac{1}{12}$ 公式.

2016近畿大(医)【数学】


過去問解答と研究に戻る